円形脱毛の原因について

今の医学では円形脱毛症になる原因がはっきりとはわかっていないとわれています。

ストレス、遺伝的な要因、自己免疫の過剰反応などが原因に考えられているようです。

中でもストレスによって円形脱毛症になった人は、3ヶ月以内に起きた生活環境の変化や心理的なストレスがその要因となっているのではないかと思われます。

円形脱毛症が遺伝によって起こることは実験などで確認されいることです。

両者の発生率が高いのが一卵性の双子であることに対して、二卵性の双子では片方のみの発症があったということもわかっています。

もうひとつ円形脱毛症の原因が免疫系にある場合、その要因は自己免疫機能に異常が生じて毛根が破壊されることだといわれています。

免疫系とは外部からの侵入物を攻撃して身を守る作用です。

元気な髪の毛が突然抜け落ちてしまう原因はこの免疫系が髪を作る成分を異物と誤解して攻撃を加えるからなのです。

ストレスがもとで円形脱毛症になってしまったという人は、そのストレスが一過性のものであれば約6ヶ月程度で自然治癒するので心配ないでしょう。

ですがその人の体質によっては、円形脱毛症になりやすいことがあり、その場合再発をくり返すこともあるでしょう。

治癒後五年内の再発率は約4割ともいわれ、円形脱毛症の原因の除去は難しいものが多いのも事実です。

繰り返し円形脱毛症の発症がみられるような場合は、完全な回復には時間と根気が不可欠だとえるでしょう。