背中の脂肪のお手入れ

脂肪のついた背中にはどう対応すべきでしょう。

体内でも特に発汗の多い場所の一つに、背中があります。

体のどの部位であれ、代謝が活発に行われているが故に発汗があるわけですから、体温調整に必要な汗は必要といえます。

とはいうものの、汗くさい背中は近寄りがたいですし、汗がにきびの原因にもなります。

背中は脂肪だけでなく汗にも気を使いましょう。

発汗対策を怠らないことも、脂肪対策と同じくらい背中ケアには重要です。

発汗により背中がベタベタになってしまった時は、下着だけでも着替えるということも大事です。

背中についた汗は、出来るだけ早く洗い流すことが一番ですが、そう簡単にいつでもシャワーをあびるというのも無理なことでしょう。

せめて汗によるにおいや皮脂を取り除くため、タオルで軽く汗を拭い去りましょう。

また、石けんかすが背中に残るとにきびの元になります。

シャワーを使う時は念入りに洗い流してください。

脂肪のないきれいな背中になる第一歩は、背中の様子を気にかけながらボディシャンプーやシャワーを使うということです。

目に見えない部分なだけに、気を遣わない限りはどんどん背中には脂肪がついていきます。

そして、いつの間にかみっしりついた脂肪が背中にのさばっているのです。

手始めに、背中にある脂肪を気にかけてみることから開始してみてください。