断食によるダイエット

人間は食事によって体内にエネルギーを取り込まなければ生命活動ができませんが、この食事を断つことが断食です。

生きるために水の摂取は行いますが、それ以外の食事はどんなものであれ食べないというものです。

健康ではなく宗教のために、一定期間行う断食もあります。

断食が宗教行事となっているイスラム教では、決まった期間内で断食をします。

この他、仏教やキリスト教ユダヤ教でも断食行為はあります。

いずれも宗教的な理由で、痩身を目指したものではありません。

精神の強化、宗教的な思想の探求を目的として行われています。

数日の断食で、意識がハッキリし、体の感覚をより敏感にする効果があるとか。

覚醒効果を期待しての行為であるとされていますが、本来断食は、生命維持のためには必ずしも良い行為とは言えないのではないでしょうか。

健康を損なうリスクを犯してまで、食事を絶つという利点はどのようなものでしょう。

朝・昼・晩の3度の食事によって、様々な栄養素をまんべんなく摂取することが一番です。

何らかの理由で栄養摂取が止まった場合、人の身体は体内の脂肪や蛋白質をエネルギーに変えて生命を維持します。

その栄養が続く限り、生命を維持できる能力を持っています。

この能力を利用した断食ダイエットですが非常に体に負担がかかるダイエットなので注意が必要です。