多汗症をボトックスでブロックする

ボトックスの作用は恒久的なものではなく、個人差はあれどいずれは作用がなくなります

6ヶ月~1年でボトックスの作用は薄れ、多汗症の症状は注射をする前と同じような状態に戻ってしまうようです

定期的にボトックスを注射をするなどの工夫が必要です

アラガン社という会社がボトックスを製造していますが、この会社は、再注射については前のボトックスの効果が消えきる前、まだ多汗症へのブロック効果が残っているうちに行うようにと勧めています

半年に一度の注射を数年間続けていると、汗腺が萎縮したということも人によってはあるようです

ボトックス注射は極細針を用います

多汗症の範囲内に、1~2センチの間隔になるように数十カ所の注射をします

1つの注射で薬液は1~2センチ拡散します

施術者の技量や受ける側の感じ方によって、注射の痛みには差があります

軽微な痛みしか感じなかった人もいれば、激痛だったという人もいるようです

ボトックス注射によって多汗症を止める方法はメスを使わず、背中や腹部からの汗が増えるというような副作用もなく、有効性のある施術方法です

ただしボトックス注射は保険が効かず、定期的な処置には費用を覚悟しなければなりません

クリニックにより差がありますが、多汗症をボトックスでブロックする方法は一回の処置で10万~15万程度かかるようです