洗顔料の選び方

洗顔をする場合、まず自分に合った洗顔料を選んだ上で、洗顔の仕方を決めなければなりません

洗顔料をきちんと選ぶことによって、洗顔法も決まってきます

CMでよく見られる洗顔料では、弱酸性で優しいということをうたい文句にしているものが多いようです

人の皮膚の表面が弱酸性だということに注目して、同じ弱酸性で皮膚への負担を軽くしようとしているのです

けれど弱酸性の洗顔料であっても、それを洗い流すのに使う水道水はというと、中性なのです

法方のいかんに関わらず、洗顔が終了した時点では、いつも肌は中性なのです

人間の肌にはアルカリ中和能力があり、一時的に肌が中性やアルカリ性になってもほどなく弱酸性に戻ります

洗顔の後に使う化粧水は弱アルカリ性なので、基礎化粧の段階で肌は弱酸性に戻ります

どんな洗顔方法であれ無理に弱酸性の洗顔料を選ぶ必要はありませんし、弱酸性の洗顔料だから安心とも一概に言い切れるものでもありません

洗顔料を選ぶ際に大切なのは、自分の肌質に合ったものを探すことで、酸性かアルカリ性かは特に気にする必要はありません

脂性、乾燥、混合、いずれの肌質かによって、合う洗顔料は違うものなのです

しかししっとりタイプの洗顔料といっても油分もしくは保湿剤が含まれているかの違いで、適度な油分は肌にも良いものの、それが多すぎるとかえって乾燥を招くことになるので気をつけなければなりません