関節炎とグルコサミン

摂取した場合でも副作用がないといわれるグルコサミンですが、体内では、歳とともに減少して、関節炎になりやすい傾向にあるのです

では関節炎にかかるとどのような症状が出るのかというと、実はこの関節炎は、関節の病気を広くさすものなのです

またその種類は100種以上にもおよび、関節に与える損傷の種類によって炎症性と悪化症にわけられます

炎症性関節炎は、関節の周囲に存在する結合組織などの炎症もそれにあたり、リューマチや通風もこれに含まれます

変形性関節症などの、直接的要因で起こる外傷性関節炎は、悪化性関節炎の中に含まれます

関節炎にかかりやすい人は体重が重すぎる人、姿勢が悪い人、遺伝、長時間にわたる激しい手作業をしている人などです

こういう要因に心当たりがある人は、サプリなどでグルコサミンやコンドロイチンを摂取するといいでしょう

関節炎になりやすいところは、指や背骨の下部、膝、股関節などで、治療としては鎮痛剤による痛みの緩和以外ほとんどないといわれていますが、この鎮痛剤が逆に症状を悪化させる場合もあるという専門かもいます

そこでグルコサミンの出番で、グルコサミンは副作用がほとんどない奇跡的な治療薬とまでいわれています

グルコサミンは関節の軟骨と自然になじむ成分であるため、軟骨に悪い影響を与えたり、関節炎を悪い方向へ持っていくことなどないのです

グルコサミンには軟骨の壁が作り上げられるところに作用する力があり、コンドロイチンは古い軟骨が破壊されるのを抑えます

グルコサミンとコンドロイチンの力があれば、関節炎は少しでも改善されるということが、よくわかるというものです