ボトックスで治療できる多汗症とは

多汗症とは交感神経の狂いなどから汗を過剰に分泌する症状であり、脇の下や手のひら、頭などに症状が現れます

多汗症のボトックス治療は主に脇の下やてのひらに用います

ボトックス治療の中で多汗症とワキガは混同されたりします

多汗症は多量の汗が出る症状のことであり、汗が特有のにおいを発するワキガとは厳密には異なりますので、治療の方法も違ってきます

昔より明らかに食文化が欧米化され、肉がたくさん食べられるようになっている現代は、体臭にもその影響が出ています

清潔志向によりにおいを気にする人も増えて来ているので、多汗症で体臭が気になってしまい、人との交流に積極的になれない人も少なからずいるようです

多汗症は治療が可能で、ボトックスのほかに交感神経を切除する形成手術などもあります

発汗の元であるエクリン汗腺が活発に働きすぎると多感症が起きるため、とボックスはこのエクリン汗腺を治療することからはじめます

エクリン汗腺から出される汗は水分が中心で、これは体内から熱を放出するためです

通常は、汗は暑いときや体を動かしたときにかきます

もうひとつの汗を出すところであるアポクリン汗腺は毛穴とつながっていて、体内の老廃物である脂肪、鉄分、それからアンモニアなどを体外に排出します

アポクリン汗腺はその汗がワキガの原因となっているのですが、ボトックス治療ではそれを治すことはできません