メタボリック症候群を食事で予防する

メタボリック症候群の予防のためには、正しい食事の仕方をすることです

自分の食事の仕方を振り返り、必要以上に食べたりしていないかチェックすることが、まず予防として大切なことです

満腹感を得るため、食べないと体に悪いのではないかという理由でカロリーオーバーの食事をする人もいます

スナック菓子をおやつなどによく食べる人や、清涼飲料や缶コーヒーが好きな人なども、メタボリック症候群につながりやすくなります

こんな食生活を改善することで、まずメタボリック症候群の予防をするようにしましょう

人が一日に必要なカロリーは、その人の体重で算出できるのです

自分の適性体重を知るには身長(m)×身長(m)×22で計算します

必要な1日のエネルギー量はというと、デスクワークが多い人の場合25~30キロカロリーで、立ち仕事や外回りをする仕事の人で30~35キロカロリー、また体をよく使う仕事の人の場合35~40キロカロリーだといいます

このカロリーの目安を頭に入れた上で食事をするようにすると、メタボリック症候群の予防になるでしょう

必要なカロリーを超えないように食事をするだけでなく、よくかんで食べることも、メタボリック症候群の予防につながることなのです

食べ物をよく噛むと消化吸収がよくなり、食事時間も長くなるので、満腹中枢が満たされやすくなります

食べすぎを防ぐことができるのでメタボリック症候群を食事で予防するためには有効な方法といえるでしょう

ロイヤルゼリーのサプリメント


美容と健康に役に立つサプリメントとして、ロイヤルゼリーは実にいろいろな種類が作られています

40種類以上もの栄養素を含んでいるといわれるものがロイヤルゼリーです

とはいってもそれらの美容や健康に役立つ成分をうまく体の中に摂りいれるようにしなければ無意味です

体にどうしたら効率よく摂取できるかが研究開発されているかどうか、それがロイヤルゼリーサプリメントを作る側の決め手になっているようです

ロイヤルゼリーサプリメントは独自の研究開発によって特許技術を用いて作られているものがあります

豊富な栄養分を効率よく体に取り入れることを可能にした酵素分解ローヤルゼリーがあります

日本人の食生活に不足しやすいカルシウムを補う卵殻カルシウムを配合しているのが、このロイヤルゼリーサプリメントで、良質なロイヤルゼリーをもっと健康に役立てててもらうことを目的としています

大豆イソフラボンもこれにプラスされてるロイヤルゼリーサプリメントもあります

大豆イソフラボンはカルシウムを相乗作用があるといわれています

10-ヒドロキシデセン酸というロイヤルゼリーにしか含まれていない物質の量に着目し、ロイヤルゼリーの品質のその物質の量できまるということで開発されたサプリメントがあります

普通10-ヒドロキシデセン酸は平均で1・2~2%含まれているロイヤルゼリー製品が多いのですが、この製品には10-ヒドロキシデセン酸が5.5~6%と極めて多く含まれているのです

独自の技術で熱を加えずにフリーズドライ製法で新鮮なままの生ロイヤルゼリーサプリメントにしているものがあります

生換算で一粒中に1000mgものロイヤルゼリーが3倍濃縮で配合されるなど、健康食品の中でも特に研究開発が盛んに行われているロイヤルゼリーサプリメントもあるようです

関節炎とグルコサミン

摂取した場合でも副作用がないといわれるグルコサミンですが、体内では、歳とともに減少して、関節炎になりやすい傾向にあるのです

では関節炎にかかるとどのような症状が出るのかというと、実はこの関節炎は、関節の病気を広くさすものなのです

またその種類は100種以上にもおよび、関節に与える損傷の種類によって炎症性と悪化症にわけられます

炎症性関節炎は、関節の周囲に存在する結合組織などの炎症もそれにあたり、リューマチや通風もこれに含まれます

変形性関節症などの、直接的要因で起こる外傷性関節炎は、悪化性関節炎の中に含まれます

関節炎にかかりやすい人は体重が重すぎる人、姿勢が悪い人、遺伝、長時間にわたる激しい手作業をしている人などです

こういう要因に心当たりがある人は、サプリなどでグルコサミンやコンドロイチンを摂取するといいでしょう

関節炎になりやすいところは、指や背骨の下部、膝、股関節などで、治療としては鎮痛剤による痛みの緩和以外ほとんどないといわれていますが、この鎮痛剤が逆に症状を悪化させる場合もあるという専門かもいます

そこでグルコサミンの出番で、グルコサミンは副作用がほとんどない奇跡的な治療薬とまでいわれています

グルコサミンは関節の軟骨と自然になじむ成分であるため、軟骨に悪い影響を与えたり、関節炎を悪い方向へ持っていくことなどないのです

グルコサミンには軟骨の壁が作り上げられるところに作用する力があり、コンドロイチンは古い軟骨が破壊されるのを抑えます

グルコサミンとコンドロイチンの力があれば、関節炎は少しでも改善されるということが、よくわかるというものです